【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】“四大”偉人のコンニャク串好評 甲良の道の駅

【滋賀】“四大”偉人のコンニャク串好評 甲良の道の駅

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 近畿  2014年02月20日

みそだれが評判の「四大?偉人コンニャク串」=甲良町の道の駅「せせらぎの里こうら」で

みそだれが評判の「四大?偉人コンニャク串」=甲良町の道の駅「せせらぎの里こうら」で

 甲良町金屋の道の駅「せせらぎの里こうら」で販売する「四大?偉人コンニャク串」が、軽食コーナーの看板メニューとして定着しつつある。道の駅オリジナルのみそだれが評判で、「レシピを知りたい」「直売コーナーで手に入らないか」との声が多く、担当者は手応えを感じている。

 コンニャク串は、彦根の業者から仕入れるコンニャクを2センチ角のサイコロ形に切って、赤、白、黒と、山芋入りの灰の4色を並べて串に刺した。オリジナルのみそだれを塗ってあぶり焼きすると、こんにゃくと香ばしいみそが互いを引き立て、食欲を刺激する。

 みそだれはネギ、砂糖、卵などを混ぜる。考案した道の駅の調理師尾本裕香さんは「あぶりたてを味わってほしい」と勧める。

 商品名は、室町幕府で活躍した武将佐々木道誉(どうよ)、戦国大名の藤堂高虎、江戸幕府の大棟梁(とうりょう)だった甲良宗広の甲良町ゆかり三偉人に、道の駅の駅長を加えた“四大”偉人とユーモアを込めた。

 1カ月の試行錯誤を繰り返し昨年4月から売り出した。1串100円と手軽な値段も受け、秋の紅葉シーズンは1日最高230本が売れ、今も1日30本の売り上げを保つ。

 問い合わせは道の駅=電0749(38)2744=へ。

(河辺嘉奈子)

旅コラム
国内
海外