【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】パワースポット巡ろう 9日、関・武儀地区

【岐阜】パワースポット巡ろう 9日、関・武儀地区

ジャンル・エリア : | 岐阜  2014年03月05日

新設したパワースポットコースの利用を呼び掛ける丹羽政則さん=関市下之保で

新設したパワースポットコースの利用を呼び掛ける丹羽政則さん=関市下之保で

 関市武儀地区の名所旧跡を巡る「パワースポットウオーキング」が9日午前9時から、同市下之保の道の駅平成を発着点に初めて開かれる。道の駅を運営するNPO法人日本平成村の伝説ロマンウオークの会が企画した。

 ロマンウオークの会は、2010年に地区の昔話に登場する場所を巡る6つのハイキングコースを設定し、翌年から年2回ウオーキング大会を開催。昨年11月に一巡し、地区の特性を生かした新しいコースを整備した。

 新設した「パワースポットコース」は、主に登山道を歩く全長12キロ。白山神社や高沢観音(日龍峰寺)、美濃市境の見坂峠、飯尾宗祇の句碑などを6時間かけて回り、高沢古道途中の見晴らし台で昼食の予定。

 コースには進路方向立て札やマップ看板が設置されており、丹羽政則会長は「坂道が多いが、武儀の歴史ある神社仏閣を満喫できる。ぜひ歩いてみて」と紹介。キャッチフレーズは「競おう健脚、集まれ達人」にした。

 事前申し込み不要で無料だが、本格的な山登りのため小学4年生以上が対象。小雨決行。弁当や茶、杖(つえ)などは各自持参。問い合わせは日本平成村=電0575(49)2855=へ。

 (成田嵩憲)

旅コラム
国内
海外