【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】おもろいもん出ました 松阪で15日に発掘報告会

【三重】おもろいもん出ました 松阪で15日に発掘報告会

ジャンル・エリア : 三重 | 文化 | 歴史  2014年03月12日

報告会で展示される銅鏡や土器などの出土品=松阪市役所で

報告会で展示される銅鏡や土器などの出土品=松阪市役所で

 本年度を中心にした県内の遺跡の発掘調査の成果を報告する「おもろいもん出ましたんやわ@三重2013」が15日、松阪市嬉野川北町の県埋蔵文化財センター嬉野分室で開かれる。入場無料。

 13の遺跡から出土した、約1万年前の縄文土器から明治時代の日用品まで100点以上が並ぶ。展示品は間近で見て、直接触ることができる。遺跡ごとに展示品の解説がある。

 見どころは東条1号墳(伊賀市東条)から出土した鉄刀と銅鏡。いずれも昨年度の調査で見つかり、本年度保存処理が完了した。鉄刀は全長115センチで刃渡り95センチ。状態が良く、欠損が見られない。銅鏡は直径13センチの四獣鏡と呼ばれるもので、県内で見つかるのは8例目。同センター技師の小原雄也さん(26)は「本物の史料に触れて歴史を感じてほしい」と話している。

 (竹田弘毅)

旅コラム
国内
海外