【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】南吉生誕100年行事を回顧 半田の記念館で展示会

【愛知】南吉生誕100年行事を回顧 半田の記念館で展示会

ジャンル・エリア : 愛知 | 文化  2014年03月27日

名鉄電車に掲げられた系統板(左)など生誕100年の記念品が並ぶ=新美南吉記念館で

名鉄電車に掲げられた系統板(左)など生誕100年の記念品が並ぶ=新美南吉記念館で

 半田市出身の童話作家、新美南吉の生誕100年行事を振り返る展示会が、新美南吉記念館(岩滑西町)で開かれている。7月6日まで。

 昨年の南吉生誕100年に合わせ、市や記念館、市民団体などはさまざまな行事をした。

 展示したのは、昨年1年間の行事の内容をたどる写真パネルや資料など58点。生誕100年開幕祭や小中学校での南吉学習の様子を紹介する写真パネルをはじめ、記念式典で使われたプリザーブドフラワーの誕生日ケーキや名鉄電車の先頭に掲げられた「ごん吉くん」が描かれた系統板、造幣局が発売した「手袋を買いに」の貨幣セットなども陳列した。

 遠山光嗣学芸員は「南吉関連の行事や企画が盛りだくさんの1年で幅広い世代に関わってもらえた。この盛り上がりを今後も継続したい」と話している。

 入館料は高校生以上210円。問い合わせは新美南吉記念館=電0569(26)4888=へ。 

◆PRポスター2種類完成

 昨年の新美南吉生誕100年の余韻が残る中、生誕100年記念事業実行委員会は101年目以降も南吉の周知に力を入れようと、新たなPRポスターを2種類作った。

 ポスターは市が昨年、絵本作家の黒井健さんに依頼して描いたもらった風景画を使った。1種類は権現山とヒガンバナの風景が、もう1種類は南吉の生家が描かれている。どちらも「新美南吉のふるさと半田」の文字が入る。

 B2判とB3判を各2000枚ずつ、計4000枚を作製。市内の公共施設や学校、商店、ホテルなどに掲示する。28日にアイプラザ半田(東洋町)である南吉生誕100年報告会の参加者には、B3判を各200枚限定で配る。問い合わせは新美南吉記念館=電0569(26)4888=へ。

(山野舞子)

旅コラム
国内
海外