【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】日本最大級の鏝絵展示 射水 竹内源造記念館が完成

【富山】日本最大級の鏝絵展示 射水 竹内源造記念館が完成

ジャンル・エリア : 富山 | 芸術  2014年04月13日

2匹の竜が向かい合う日本最大級の鏝絵「双龍」

2匹の竜が向かい合う日本最大級の鏝絵「双龍」

 射水市小杉地域出身の鏝絵(こてえ)の名工・竹内源造(1886~1942年)の作品を展示する竹内源造記念館が12日、同市戸破に新装オープンした。

 記念館は旧小杉町役場だった建物を利用し、市が改築。木造2階建てで、併設して木造平屋を新設し、鏝絵体験できる棟も備えた。全国に鏝絵をテーマとした美術館は数カ所があるが、体験施設を伴ったものは全国でも珍しい。延べ485平方メートルで総工費1億5000万円。

 館内には、玄関軒下の欄干に作ったアカンサス模様の鏝絵装飾と、旧議場にある「鳳凰(ほうおう)」の鏝絵を展示。砺波市の土蔵に使用されていた高さ1メートル、長さ17メートルの2匹の竜が向かい合う日本最大級の巨大な鏝絵「双龍(そうりゅう)」を加えた。

新装オープンした竹内源造記念館=いずれも射水市戸破で

新装オープンした竹内源造記念館=いずれも射水市戸破で

 完成式で、夏野元志市長は「子どもから大人まで鏝絵を学べる施設。地域住民が交流を深める拠点にしたい」と述べた。源造の孫の竹内秀一さんと、ひ孫の竹内哲也さんも同席した。午前9時~午後5時に開館し、入場無料。休館は月曜日。

 13日は、記念館周辺で「鏝絵と千本桜まつり」が開かれる。戸破加茂社の春季祭礼で午前11時から高穂町獅子舞が披露されたり、正午ごろには記念館近くに武者行列が通る。

 (青木孝行)

旅コラム
国内
海外