【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】ゴマフアザラシに赤ちゃん 二見シーパラダイス

【三重】ゴマフアザラシに赤ちゃん 二見シーパラダイス

ジャンル・エリア : 三重 | 動物  2014年04月15日

13日に生まれたゴマフアザラシの赤ちゃん=伊勢市の二見シーパラダイスで

13日に生まれたゴマフアザラシの赤ちゃん=伊勢市の二見シーパラダイスで

 伊勢市二見町江の水族館「二見シーパラダイス」で13日夜、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれた。母親の近くを元気にはい回り、母乳もよく飲んでいるという。産室からはい出てくれれば来館者も見ることができる。

 赤ちゃんは体長85センチ、体重10.5キロ。性別は確認していないが、体の白っぽい産毛が2~3週間で抜けると親と同じまだら模様となる。2週間ほどで離乳し、安定して餌を食べられるようになってから名前を募集する。

 同館でのゴマフアザラシの誕生は、同じ母親のワイン(16歳)から昨年4月に生まれた雌の「小丸」以来。飼育中のゴマフアザラシはきょうだいや父、祖父母も合わせて10頭となった。

 生まれる5日前からワインが餌を食べなくなるなど出産の兆候があり、当日まで飼育員が交代で24時間見守っていた。赤ちゃんは逆子だったが問題なく生まれ、14日の明け方には早速プールで泳いでいたという。

 担当飼育係の中島亮さん(27)は「このまま元気に育って、シーパラダイスをさらに元気づけてくれたら」と話している。

 (中平雄大)

旅コラム
国内
海外