【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】浜名湖潮干狩り2年ぶり再開 初日2700人楽しむ

【静岡】浜名湖潮干狩り2年ぶり再開 初日2700人楽しむ

ジャンル・エリア : | 静岡  2014年04月28日

干潮とともに多くの人でにぎわう弁天島潮干狩り=27日午前10時47分、浜松市西区舞阪町弁天島で(佐藤均撮影)

干潮とともに多くの人でにぎわう弁天島潮干狩り=27日午前10時47分、浜松市西区舞阪町弁天島で(佐藤均撮影)

 浜名湖のアサリ不漁で昨年は中止となった潮干狩りが27日、浜松市西区舞阪町弁天島の干潟「いかり瀬」で期間限定で始まった。春の風物詩を待ちわびた観光客も多く、2年ぶりににぎわいが戻った。

 同町の弁天島海浜公園にはオープン前から長蛇の列。遊漁船で干潟に渡った親子連れらが熊手で黙々とアサリを探し、上限2キロを袋いっぱいに詰めていた。

 毎年訪れるという静岡市清水区下野西の会社員山田勝広さん(42)一家も復活を喜ぶ。妻の郁美さん(37)は「中止は寂しかった。ゴールデンウイークといえば潮干狩り。前々から潮と天気をチェックしていた」と話した。「以前と比べると量は少し少なく、ツブも小さい気はするが、4センチ程度の貝もあるし、それなりに採れる」と勝広さん。長男で小学5年の颯音君(10)はカニやヤドカリなどを探して楽しんでいた。

2年ぶりの潮干狩りを楽しむ親子(加藤祥子撮影)

2年ぶりの潮干狩りを楽しむ親子(加藤祥子撮影)

 潮干狩りは、27~29日と5月3~6日の計7日間。浜名漁協弁天島遊船組合によると、初日の来場者は2700人だった。間瀬泰成組合長は「過去にはもっと多い時もあったが、これくらいが安全に運営できる数。これが今後のベースになる」と話す。

 干潟の状態は「2月の再開発表時よりもアサリは育っているが、例年並みには戻っていない」と説明。5月7日~8月31日は1人300グラムまでアサリが採れる「磯遊び」を催す。

 オープンに先立ち、式典(舞阪町観光協会と中日新聞東海本社主催)を同公園で開催。本社ヘリ「おおづる」から花束の投下があった。アサリ汁のサービスや地元産シラスを使ったコロッケなどの販売もあった。

 潮干狩りの料金は4歳~小学生が600円、中学生以上が1200円。磯遊びはそれぞれ500円と1000円。5月3日はアサリ汁のサービスがあり、6日はいかり瀬での宝探しがある。

(加藤祥子)

旅コラム
国内
海外