【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】和宮の菓子再現、10日に販売 中津川

【岐阜】和宮の菓子再現、10日に販売 中津川

ジャンル・エリア : 岐阜 | 歴史 | 特産  2014年04月30日

再現された和宮道中御菓子

再現された和宮道中御菓子

 幕末に皇女和宮が中山道で江戸に嫁ぐ際に味わったとされる和菓子を再現した「和宮道中御菓子(おんかし)」が5月10日、JR中津川駅前のにぎわい特産館で販売される。

 ういろうにこしあんを入れた「八重桜」、若草色の練り切り「紅葉賀」、そぼろあんを固めた「大村雨」など6個入り。

 和宮は降嫁の際に32品目を用意したとされ、うち6品目を中津川市内の和菓子6店が再現。2003年から毎年、和宮の誕生日の5月10日と、中津川に投宿した10月29日に販売されている。

 実際は日持ちする落雁(らくがん)が中心だったが、より食べやすいよう生菓子に仕上がっている。

 販売は100箱限定で、10日午前8時半から。例年、午前中に売り切れるという。1150円(税込み)。問い合わせは特産館=電0573(62)2277=へ。

 (平野誠也)

旅コラム
国内
海外