【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】男前の秀吉を見に来て 長浜の47店舗で五月人形めぐり

【滋賀】男前の秀吉を見に来て 長浜の47店舗で五月人形めぐり

ジャンル・エリア : 工芸品 | 近畿  2014年05月09日

店内に飾られている男前の秀吉人形=長浜市大宮町の玉八紙店で

店内に飾られている男前の秀吉人形=長浜市大宮町の玉八紙店で

 長浜市の中心市街地の47店舗の協力で、代々受け継がれてきた手作りの人形などを紹介する「五月人形めぐり」が開かれ、市民や観光客を楽しませている。20日まで、地域振興などに取り組むNPO法人「まちづくり役場」が主催している。

 大手門通りにある手すき和紙の玉八紙店(長浜市大宮町)は、明治時代に作られた長浜ゆかりの豊臣秀吉の人形を展示。大阪に住む店主の親戚がひな人形師に特注した品で、衣装の細部までこだわりがみえる。賤ケ岳合戦で活躍した加藤清正の人形と一緒に並ぶ。玉八紙店の西田朝子さん(65)は「秀吉の人形は珍しい。男前の秀吉を見てほしい」と呼び掛ける。

 他の店舗には昭和初期とみられる和紙製のこいのぼりや金太郎人形、日本書紀などに登場する仲哀天皇妃の神功皇后をモチーフにした天保年間の人形など街中を歩くと多様な五月人形に出合える。

 人形めぐりは、まちづくり役場が手掛ける「四めぐり」のうちのひとつ。今年で6回目となり、A4判マップを見ながら散策を楽しめる。マップは、まちづくり役場やJR長浜駅などで配布している。問い合わせは、まちづくり役場=電0749(65)3339=へ。

 (山中正義)

旅コラム
国内
海外