【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】難度高い上級も新設 15日に開催「甲賀流忍者検定」

【滋賀】難度高い上級も新設 15日に開催「甲賀流忍者検定」

ジャンル・エリア : 文化 | 歴史 | 近畿  2014年06月03日

忍者検定をPRするポスター

忍者検定をPRするポスター

 甲賀市観光協会は15日に開催する「第7回甲賀流忍者検定」の参加者を募集している。認定は初級と中級のほか、今回から中級合格者が受けられる上級も加わった。

 検定は参考書「忍者検定 読み本」を中心に出題される。小説やマンガに取り上げられる忍者や忍術、道具から、甲賀の歴史や戦国武将との関わりまで知識を幅広く問われる。

 初級は50問あり合格は60点以上。忍者のコスプレと手裏剣投げで各5点が加算される。中級は70問で70点以上。上級は記述50問、課題にレポート提出も求められ、難度が高い。初・中級はすぐに採点され、合格証が交付される。

 検定は忍者の里プララ(甲南町竜法師)で15日午前10時から。各級とも受検料2000円。受け付けは先着で、初級120人、中・上級各40人。午後1時からは歴史学者磯田道史さんが「甲賀忍者研究のその後」と題して記念講演を行う。

 検定の申し込みと問い合わせは、同協会=電0748(60)2690=へ。

 (小川直人)

旅コラム
国内
海外