【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】皇室ゆかりのアヤメ見頃 郡上の別荘地

【岐阜】皇室ゆかりのアヤメ見頃 郡上の別荘地

ジャンル・エリア : 岐阜 |   2014年06月04日

見頃を迎えたナスヒオウギアヤメ=郡上市高鷲町鮎立で

見頃を迎えたナスヒオウギアヤメ=郡上市高鷲町鮎立で

 栃木県の那須御用邸に自生し、昭和天皇が研究をされたという希少種ナスヒオウギアヤメが、郡上市高鷲町鮎立の別荘地内で見頃を迎えている。

 ヒオウギアヤメの一種だが、背丈が1メートルと高く葉の緑が薄いのが特徴。皇室と親交のある秋浜友也・明治大前教授が、友人でアヤメ保存会の関根潤一さん(64)=高鷲町=に6株を譲り、関根さんが10年前から別荘地内で育ててきた。

 今は400株ほどになり、関根さんによると、種ができず株分けでしか増えないため、西日本での群生は珍しいという。

 見頃は10日ごろまで。予約すれば敷地内に入れる。問い合わせは別荘管理事務所=電0575(72)6699=へ。

(河北直行)

旅コラム
国内
海外