【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】陶芸家のW“杯”展 多治見でサッカー好き11人出品

【岐阜】陶芸家のW“杯”展 多治見でサッカー好き11人出品

ジャンル・エリア : 岐阜 | 文化  2014年06月10日

サッカー日本代表をイメージした青色のさかずきなどが並ぶ会場=多治見市市之倉町の市之倉さかづき美術館で

サッカー日本代表をイメージした青色のさかずきなどが並ぶ会場=多治見市市之倉町の市之倉さかづき美術館で

 12日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会にちなみ、サッカー好きの陶芸家の作品を集めた「サカズキ展」が、多治見市市之倉町の市之倉さかづき美術館で開かれている。22日まで。お気に入りの一品を見つけ、日本代表の勝利の美酒を味わってみては-。

 出品作家はサッカーチームのメンバーと同じ11人。土岐、瑞浪3市をはじめ全国から30~40代が“代表”として約240点を展示した。作家別に「盃(さかずき)イレブン」を2チームつくり、グラウンド風の台に並べた。

 日本代表のチームカラーである青色を基調とした作品や、日本サッカー協会のシンボルマークで、3本足の八咫烏(やたがらす)を題材にした作品群がサッカー選手のグラウンド上の陣形である4-5-1や3-4-3のフォーメーションを組む。

 W杯に関連した展示は10年の南アフリカ大会に続き、2度目。作品は販売もしている。

 火曜休み。入館無料。問い合わせは美術館=電0572(24)5911=へ。

 (中川耕平)

旅コラム
国内
海外