【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】大判小判を初公開 松阪商人・長谷川邸

【三重】大判小判を初公開 松阪商人・長谷川邸

ジャンル・エリア : 三重 | 歴史  2014年06月16日

初公開された大判や小判など=三重県松阪市魚町の長谷川治郎兵衛家旧宅で

初公開された大判や小判など=三重県松阪市魚町の長谷川治郎兵衛家旧宅で

 三重県松阪市魚町の市指定文化財「松阪商人長谷川治郎兵衛(じろべえ)家旧宅」で15日、2月に見つかった江戸時代の大判小判が初めて公開された。

 大判小判は敷地内の米蔵に展示。縦15.3センチ、横9.4センチ、重さ165.1グラムの大判「享保大判金」のほか、各種小判や銀貨など24枚が来場者の目を引いていた。

 同市内五曲町の渋谷尚樹さん(61)は「想像よりも大きくて驚いた」と話した。来年3月まで毎月第3週の金曜、日曜日に公開する。

 長谷川邸は江戸で木綿を取り扱い財を築いた豪商。

(竹田弘毅)

旅コラム
国内
海外