【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】お供は「甘いもん」 7月12日に伊賀鉄道企画列車

【三重】お供は「甘いもん」 7月12日に伊賀鉄道企画列車

ジャンル・エリア : 三重 | 特産 | 鉄道  2014年06月18日

甘いもんとれいんで提供されるパンやラスク=三重県伊賀市内で

甘いもんとれいんで提供されるパンやラスク=三重県伊賀市内で

 列車の中で甘いお菓子やパンはいかが-。三重県伊賀市内を走る伊賀鉄道が7月12日、市内のパン店や菓子店の商品を車内で提供する「甘いもんとれいん」を運行する。市中心部の上野市駅と、近鉄大阪線と接続する伊賀神戸間を1時間ほどかけて往復。車窓から田園風景を楽しみながら味わってもらう。6月21日午前8時から先着50人で受け付ける。 

 鉄道は近鉄や市が出資する第3セクター会社。鉄道に親しんでもらおうと初めて企画した。

 地元の伊賀白鳳高校パティシエコースの生徒や津市、伊賀市境のメナード青山リゾートなどが菓子やパンを提供する。生地にラベンダーを練り込んだラスクや地元産イチゴを使ったパウンドケーキ、焼きドーナツ、生菓子など、3店と高校が2~4種類を提供。生菓子の一部を除き、持ち帰ることができる。

 好評なら、第2弾も企画する。和菓子でも対応できるように「スイーツ」ではなく「甘いもん」を名称に盛り込んだ。

 鉄道は、花火大会を車内から鑑賞する「花火鑑賞列車」、車内で手裏剣打ちや吹き矢を体験する「忍者体験列車」などのイベント列車を催してきた。

 参加費は中学生以上2800円、小学生以下2400円。1日フリー乗車券を含む。午後1時に上野市駅集合。コーヒーか紅茶、ジュースが1本付く。申し込み、問い合わせは、上野市駅=電0595(21)3231=へ。

 (中山梓)

旅コラム
国内
海外