【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】星空をシェア? 7月7日にライトダウンキャンペーン

【愛知】星空をシェア? 7月7日にライトダウンキャンペーン

ジャンル・エリア : 愛知  2014年06月26日

合言葉は、「最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、豊かな低炭素社会をつくっていこう!」。ロゴマークはシェアの象徴である「手」をモチーフとしている。

合言葉は、「最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、豊かな低炭素社会をつくっていこう!」。ロゴマークはシェアの象徴である「手」をモチーフとしている。

 七夕の日は電気を消して夜空を見上げよう-7月7日に各地の象徴的な建物の電気を消すことで節電への啓発を促す「日本縦断クールアース・デープロジェクト」が今年も実施される。

「クールアース・デー」は、2008年7月7日に「洞爺湖サミット」が開催されたことから毎年七夕の日に定められ、全国の商業施設等で消灯活動が行われている。「日本縦断クールアース・デープロジェクト」は北海道新聞、東京新聞、中日新聞、西日本新聞の4紙が連携して節電を呼びかけるもので、昨年は、名古屋市内ではテレビ塔やオアシス21、SUNSHINE SAKAEの観覧車などがライトダウンを行い、いつもと一味違ったおでかけスポットとなった。

 同プロジェクトでは、個人からの星への願いも募集している。環境省がすすめる気候変動キャンペーン「Fun to Share」のロゴマークと同じポーズの写真に、「地球への願い」を書き添えて応募。一部の作品は中日新聞やサイトなどで紹介される。締め切りは7月7日。応募要項・詳細は特設ホームページでご確認を。

ちなみに写真は必ず2人以上で、手を使ったポーズで撮影しなくてはならない。家族や恋人同士での撮影はもちろん、これを機会に気になる人を誘ってみてはいかがだろう?星に願いが届いて、忘れられない七夕の夜になるかも。もちろんライトダウンは忘れずに。

募集しているのはこんな写真。手と手を挙げて、とびっきりのスマイルを。

募集しているのはこんな写真。手と手を挙げて、とびっきりのスマイルを。

『星に願いを』~電気を消して夜空を見上げよう~日本縦断クールアース・デープロジェクト2014ホームページ
http://www.4np-coolearthday2014.jp/

旅コラム
国内
海外