【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】コーデ浴衣に変身しませんか 松阪で19日にフェス

【三重】コーデ浴衣に変身しませんか 松阪で19日にフェス

ジャンル・エリア : まつり | 三重  2014年07月01日

現代風にコーディネートした着物や浴衣を着たモデルたち(脇谷さん提供)

現代風にコーディネートした着物や浴衣を着たモデルたち(脇谷さん提供)

 育児や仕事に追われる女性に現代風の浴衣の着こなしを体験してもらおうと、松阪市の平生町商店街で19日、「松阪ゆかたママフェスティバル」が開かれる。参加費はへアセットや着付け代込みで8000円。浴衣と帯は参加者にプレゼントする。着付けを担当するのは美容師脇谷佐枝美さん(37)=同市下村町=は「子育てママのために採算は度外視した。ちょっと奮発して、おしゃれに変身しませんか」と参加者を募っている。定員15人。申し込みは13日まで。

 膝上まで短くした浴衣の裾からレギンスがのぞく。履物はげたではなくスニーカーだ。頭にハットを合わせる着こなしもある。同市西之庄町の美容院「ジャンジャンブル」でモダンな着付けを提案する脇谷さんは「コーディネートは客の雰囲気に合わせて決める。ちょっとした工夫でアイドルみたいになれると好評です」と話す。

 脇谷さんは長女の柚花ちゃん(3つ)を育てながら美容室を経営する。子育てと仕事の両立は大変だ。「育児や仕事をする女性は忙しくて、おしゃれを楽しむ暇もない。そんな女性に一日だけでもきれいになれる機会を提供したかった」と狙いを話す。ママ友でヨガ講師の小倉杉絵さん(36)=同市伊勢寺町=と企画し、平生町商店街振興組合の協力でフェスが決まった。

 当日、参加者は商店街のメンズ&レディスショップミヤトウに集合。脇谷さんがコーディネートした浴衣を着た後、午後7時ごろから商店街の歩道で撮影会が開かれる。小倉さんが司会進行を務め、イベントを盛り上げる。参加者には抽選で、ジャンジャンブルで使えるまつげエクステやヘッドスパの無料体験券が当たる。同7時半にはイベントを終え、同日開かれる松阪祇園まつりにそのまま参加できる。

 これとは別に、20日午後4時から商店街内の休憩所「夢休庵(むきゅうあん)」前で流しそうめんがある。参加費100円。

 フェスの問い合わせはジャンジャンブル=電0598(21)1174=(午前10時~午後4時)へ。流しそうめんはメンズ&レディスショップミヤトウ=電0598(21)1578=へ。

 (吉野淳一)

旅コラム
国内
海外