【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜・石川】白山スーパー林道 岐阜県から石川県

【岐阜・石川】白山スーパー林道 岐阜県から石川県

ジャンル・エリア : | 岐阜 | | 石川  2014年07月03日

「ふくべの大滝」をはじめ、大自然を気軽に満喫できる

「ふくべの大滝」をはじめ、大自然を気軽に満喫できる

自然感じ爽快ドライブ

 霊峰・白山の大自然をドライブで気軽に触れる趣向だ。岐阜県白川村と石川県白山市を結んで1977年に開通した全長33.3キロ。天候が良ければ眺望良し。夏は絶景の滝が涼感を誘う。

 名古屋からは東海北陸道を使うと2時間ほどで白川郷ICに着く。世界遺産の散策も魅力的だ。ここから10分も走れば馬狩料金ゲート。携帯電話のアンテナが怪しくなってきた。

 料金所脇の情報ステーション(白山林道岐阜管理事務所内)には、白川郷や白山温泉郷など周辺の観光パンフレットがそろうので立ち寄るといい。除雪作業の映像を見ていると、知手裕一所長が気さくに話をしてくれた。「利用が多いのは夏休みの7、8月と、紅葉が見頃になる9月中旬から11月上旬。でも6月は残雪が楽しめるし、紅葉も段階があってそれぞれの時期で楽しめます」

 名は「林道」だが、舗装された片側一車線で、大型バスも通行できる。料金所から坂道を上り、まず目につくのが白川郷展望台。標高は約1200メートルある。ブナの森を歩くと、野鳥のさえずりが聞こえてきた。合唱あり、輪唱あり。カッコウとウグイスの鳴き声ぐらいは分かった。展望台の駐車場には、蓮如(れんにょ)茶屋があり、五平もち、そば、うどんなどで軽い食事ができる。

深い谷を渡る蛇谷大橋。大自然を眺めながらのドライブは爽快だ=いずれも石川県の白山スーパー林道で

深い谷を渡る蛇谷大橋。大自然を眺めながらのドライブは爽快だ=いずれも石川県の白山スーパー林道で

 林道最高地の三方岩駐車場(標高約1450メートル)から見下ろす景色や遠くの眺めが見事。道中、シートを広げて食事をする家族がいた。さらに進んだトンネル内で県境を越え「石川県」のプレートが。ここからは7つの滝がお目見えする。中でも落差86メートルの「ふくべの大滝」は格好の撮影ポイント。峡谷に架かる蛇谷大橋から見下ろす景色も壮大で息をのむほど美しい。

 有料区間の中宮(ちゅうぐう)料金ゲートまでは24.5キロ。Uターンすれば片道料金で済む。時間と懐具合が良ければ、温泉郷を楽しみたい。料金所を降りると、すぐに、中宮(ちゅうぐう)温泉。にしやま旅館のイワナの骨酒や温泉を使った朝がゆは絶品だった。国道360号を進むと、岩間温泉、さらに白山一里野温泉、足を延ばせば白峰温泉もある。白山温泉郷は泉質がいろいろ。日帰り入浴の温泉めぐりも一興だ。ニジマスなどの川魚や山菜のほか、イノシシやクマ料理も味わえる。 (小畑一成)

 ▼メモ スーパー林道の利用は11月10日まで。8月までは午前7時~午後6時、9月以降は午前8時~午後5時。7月1日~8月31日は通行料金が割り引きされるキャンペーンで、軽自動車2610円が2000円、普通自動車3240円が2500円になる。往復割引や回数券もある。石川県では自家用車で白山温泉郷などの協賛宿泊施設に泊まれば片道が無料になるキャンペーンも実施しているが、一人旅は対象外なので注意。林道の問い合わせは、岐阜管理事務所(電)05769(6)1664、石川管理事務所(電)076(256)7341

(中日新聞夕刊 2014年7月3日掲載)

旅コラム
国内
海外