【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】飛騨の食材をカツサンドに 道の駅・白川郷で17日開店

【岐阜】飛騨の食材をカツサンドに 道の駅・白川郷で17日開店

ジャンル・エリア : グルメ | 岐阜 | 特産  2014年07月08日

飛騨地域の食材をふんだんに使った飛騨ジューシーカツサンド=白川村飯島の道の駅白川郷で

飛騨地域の食材をふんだんに使った飛騨ジューシーカツサンド=白川村飯島の道の駅白川郷で

 白川村飯島の道の駅・白川郷に17日、サンドイッチショップ「Smile」がオープンする。看板商品として売り出す飛騨ジューシーカツサンドは、飛騨地域の食材をふんだんに使った。オーナーの戸川洋治さん(28)は「白川村の新名物にしたい」と意気込む。

 道の駅には、飲食店も併設されているが、持ち帰りができる商品は少ない。観光客らに地元産の料理を気軽に楽しんでもらおうと開店を決めた。地元住民の雇用の場を生み出す狙いもあり、店員は村の女性が中心だ。

 カツは、脂身がさっぱりして、うま味が強い「飛騨旨豚(うまぶた)」を用いた。飛騨産の新鮮なキャベツを盛りつけ、白川村産の一味でアクセントを付けた。柔らかい肉を飛騨牛の牛すじだしの特製みそで味付けし、和風仕立てにした。

 戸川さんは「商品は手作りで、誰でも食べやすくした。ボリュームもあるので、みんなで分け合って食べられる」と話す。

 カツサンドは税込み900円。ほかにも、白川村の米で作る麺「白川郷べーめん」を使った冷麺(税込み850円)なども販売する。

(酒井翔平)

旅コラム
国内
海外