【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】西蒲線に今年もジャズ列車 9月6日、鶴城丘高生が企画

【愛知】西蒲線に今年もジャズ列車 9月6日、鶴城丘高生が企画

ジャンル・エリア : まちおこし | 愛知 | 鉄道  2014年07月17日

JAZZ列車に掲げられる系統板(ヘッドマーク)を持ってPRする林さん(中)と牧野さん(右)らカクジョーマーチのメンバー=愛知県西尾市亀沢町の鶴城丘高で

JAZZ列車に掲げられる系統板(ヘッドマーク)を持ってPRする林さん(中)と牧野さん(右)らカクジョーマーチのメンバー=愛知県西尾市亀沢町の鶴城丘高で

 名鉄西尾・蒲郡線(西蒲線)の電車内でジャズ演奏を楽しむ「JAZZ列車」が、今年も9月6日に運行される。西尾市の県立鶴城丘高校3年生が運営する仮想会社「カクジョーマーチ」が昨年企画して好評だった。2年目の運行を前に、生徒たちは「西蒲線存続の機運を再び盛り上げたい」と意気込んでいる。

 JAZZ列車は、存続問題に揺れる西蒲線の活性化に向け、昨年の3年生が発案。定員84人に対し、応募は200人近くに上る人気ぶりだった。

 約40万円の運行経費は乗車券収入と校内から出資者を募る以外に、市の補助金や協賛金などを集めて賄った。

 運行時間と形態は昨年と同じ。午後2時34分に西尾駅を出発し、蒲郡駅までの往復2時間の間に同校音楽部の生徒が車内でジャズを演奏する。

 50分以上停車する蒲郡駅では、カクジョーマーチが開発した記念グッズを昨年に続き販売。今年は西尾の特産物を詰め込んだ特製弁当の販売も予定している。

昨年運行されたJAZZ列車の車内の様子(昨年8月25日撮影)

昨年運行されたJAZZ列車の車内の様子(昨年8月25日撮影)

 カクジョーマーチで社長を務める林優友(ゆう)さんは「先輩たちの取り組みを見て共感した。私たちも西蒲線の存続に役立ちたい」と強調。

 企画部長で、昨年は音楽部員としてアルトサックスを演奏した牧野春香さんは「揺れる車内での演奏は慣れ、不安はない。去年よりもっとお客さんに楽しんでほしい」と話す。

 乗車券は1500円。小学生以下1000円。限定78席。申し込み多数の場合は抽選。今回は往復はがきのみの受け付け、1枚で4人まで応募できる。今月31日締め切り。応募方法はネットで「カクジョーマーチ」で検索するか、鶴城丘高校=電0563(57)5165=へ。

(藤原哲也)

旅コラム
国内
海外