【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】電飾眺め夕涼みを 箕輪でフェスタ

【長野】電飾眺め夕涼みを 箕輪でフェスタ

ジャンル・エリア : まつり | オブジェ | 甲信越  2014年07月22日

幻想的な光の空間を演出するイルミネーション=箕輪町で

幻想的な光の空間を演出するイルミネーション=箕輪町で

 箕輪町の中心市街地を色鮮やかな電飾で彩る「イルミネーションフェスタみのわ」が開かれている。幻想的な光の空間が訪れる人たちを楽しませている。

 地域活性化に取り組む地元の「みのわTMOネットワーク」が主催。「春爛漫(らんまん)」をテーマに、センターパークまつしまや町役場入口交差点から、JR飯田線伊那松島駅方面に続く約200メートルの町道を飾り付けた。

 沿道には天竜川にちなんだ長さ約25メートルの黄色の竜が輝く。青色のトンネルをくぐると、緑やピンク色の仙丈ケ岳をはじめ、電飾で表現した伊那谷の風景が楽しめるようにもなっている。飾り付けを担当した金沢洋一さん(63)は「明かりを楽しみながら夕涼みしてもらえれば」と話している。

 フェスタは9月13日まで。時間は毎晩午後7時半~10時半。

 9月6日には、ネットワークが、活動10年を記念したイベントを町役場駐車場などで開く。問い合わせは、事務局=電0265(79)2117=へ。

(鈴鹿雄大)

旅コラム
国内
海外