【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ボルダリング 小松に初施設 本格派、高さ4メートル 幅7メートル

【石川】ボルダリング 小松に初施設 本格派、高さ4メートル 幅7メートル

ジャンル・エリア : スポーツ | 石川  2014年07月23日

集中して壁を登っていく女性(左)とサポートするジムの金子謹也代表=小松市南浅井町で

集中して壁を登っていく女性(左)とサポートするジムの金子謹也代表=小松市南浅井町で

ボクシングジム内に完成

 小松市に初めて、自分の手足だけで岩や人工壁を登ることができるボルダリングの本格的な施設が、南浅井町のボクシングジム「ゴールデンボーイジム」内にオープンした。(浜崎陽介)

 ボルダリングはフリークライミングの1種で、ロープや道具を使わずに比較的低い高さの壁を登る。

 現在は高さ4メートル幅7メートルだが、増築中で、いずれはジムの壁面に幅20メートルほどに広げる。

 市内でラーメン店を経営するボルダリング愛好家の北村寛行さん(36)=上本折町=らが5月ごろから製作。壁に木の板をボルトで固定し、足場になる大小さまざまなホールドを取り付けていく。

 ジムの金子謹也代表(44)=土居原町=が、会員らと北村さんの店に頻繁に訪れていたことから親しくなり、ジムの壁を活用して作ることを提案された。

 金子さんは「自分の上達が実感できるし、集中して無になれる」。北村さんは「市内でボルダリングをする人が増えてくれればうれしい」と話す。

 利用時間は、月-土曜日の正午から午後11時。現在は初級コースのみで、1日500円で体験できる。

 問い合わせは、同ジム=電0761(58)0803=へ。

旅コラム
国内
海外