【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】夜空彩る3000発 阿漕浦海岸で26日、津花火大会

【三重】夜空彩る3000発 阿漕浦海岸で26日、津花火大会

ジャンル・エリア : まつり | 三重 | 花火  2014年07月25日

夜空を彩る花火(昨年の大会から)=津市の阿漕浦海岸で(多重露光)

夜空を彩る花火(昨年の大会から)=津市の阿漕浦海岸で(多重露光)

 第63回津花火大会2014(中日新聞社後援)が26日夜、阿漕浦海岸で繰り広げられる。呼び物のスターマインや海上花火など3000発を打ち上げ、津の夏の夜空を彩る。

 当日は午後8時から始まり、12のプログラムに分かれて花火を打ち上げる。海面に半円状の大輪を咲かせる海上花火はプログラム序盤と中盤の2回、フィナーレを飾る大スターマインは午後8時57分からを予定している。

 例年15万人の来場でにぎわい、市などでつくる実行委員会は公共交通機関の利用を呼び掛けている。周辺の道路は早いところで当日午前から車両が通行禁止。津駅東口とメッセウイング・みえからシャトルバス(片道大人210円、小学生以下110円)を運行する。マイカー利用者のため、津競艇場とメッセウイング・みえに無料駐車場を設ける。

 荒天時は27日、28日に順延。花火大会当日の開催問い合わせは、音声ガイド案内=電0180(99)3434=へ。

 また津市内では8月上旬、各地で花火大会が開かれる。

▽サマーフェスタインひさい 8月2日後6~9、久居新町の陸上自衛隊久居駐屯地グラウンド。4000発の打ち上げ花火や踊りを繰り広げる。荒天時は3日、9日へと延期。

▽2014美里夏まつり 9日後5~9、美里町三郷の市美里庁舎前駐車場。ステージ発表や抽選会などのイベントの最後を、打ち上げ花火で締めくくる。雨天時、花火は中止。

▽みすぎ夏まつり納涼花火大会 9日後6・30~9、美杉町八知の美杉中グラウンド。太鼓演奏やよさこい踊りの発表に加え、手筒花火で盛り上げる。荒天時は10日、11日へ順延。

▽あのう「光れ!しかけ花火」祭り 15日後4~9、安濃町田端上野の安濃中央総合公園内多目的グラウンド。地元の小中学生がデザインした仕掛け花火を披露する。荒天時は16日、17日へ順延。

 (加藤弘二)

写真

写真

旅コラム
国内
海外