【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】だまし絵の世界 楽しんで 名駅できょう開幕

【愛知】だまし絵の世界 楽しんで 名駅できょう開幕

ジャンル・エリア : オブジェ | 愛知 | 芸術  2014年07月30日

恐竜の背に乗ったように見えるトリックアートを楽しむ来場者=名古屋・名駅の名鉄百貨店で

恐竜の背に乗ったように見えるトリックアートを楽しむ来場者=名古屋・名駅の名鉄百貨店で

 目の錯覚を利用しただまし絵など30作品を楽しめる「大トリックアート展」(中日新聞社主催)が30日、名古屋・名駅の名鉄百貨店本館7階催事場で始まる。8月18日まで。

 同店では5回目の開催だが作品はいずれも初出展。女性画の傑作とされる「ウルビーノのヴィーナス」を題材にした作品は、見る向きによって女性の体形が違って映る。

 クレーンゲーム機の作品では、それを背景にまるで空中につるされているかのような写真を撮ることができる。会場では自由に撮影できる。

 29日には関係者向けの内覧会があった。家族連れなどが作品の前でポーズを決め、非現実的な一場面を写真で切り取るなど思い思いに楽しんでいた。

 開催時間は午前10時~午後8時(最終日は午後6時まで)。入場料は中学生以上700円、小学生以下300円、3歳以下無料。

 (赤川肇)

旅コラム
国内
海外