【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】昭和の映画スターゆかりの品 藤枝で特別展

【静岡】昭和の映画スターゆかりの品 藤枝で特別展

ジャンル・エリア : 文化 | 静岡  2014年08月18日

石原裕次郎さんが実際に撮影でたたいたドラム=藤枝市郷土博物館・文学館で

石原裕次郎さんが実際に撮影でたたいたドラム=藤枝市郷土博物館・文学館で

 昭和の銀幕を飾った映画スターゆかりの品を展示する特別展「日活・青春映画スター展」(中日新聞東海本社後援)が、藤枝市若王子の市郷土博物館・文学館で開かれている。9月15日まで。

 100年以上の歴史がある映画製作会社の日活が保管していた映画のポスターや、撮影で使った衣装や道具など120点余りを展示。「嵐を呼ぶ男」で石原裕次郎さんが実際にたたいたドラムや、デザイナー森英恵さんが手掛けた浅丘ルリ子さんらの衣装など、映画史を彩ったスターたちの貴重な品が並んでいる。

映画のポスターや実際に使われた小道具=藤枝市郷土博物館・文学館で

映画のポスターや実際に使われた小道具=藤枝市郷土博物館・文学館で

 ポスターやスターたちが表紙を飾った映画雑誌もあり、訪れる中高年の市民らが懐かしそうに見入っている。シネマコンプレックスが増えた現在は少なくなった、映画館に飾るロビーカードと呼ばれる映画の一場面をとらえた8枚組の写真も廊下に並ぶ。

 入り口には昭和のおもちゃや当時の街並みを再現した展示もあり、タイムスリップした感覚になって楽しめる。入館料400円、中学生以下無料。月曜休館。 

(神谷円香)

旅コラム
国内
海外