【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】ワラビーの赤ちゃん見えた! 飯田市立動物園

【長野】ワラビーの赤ちゃん見えた! 飯田市立動物園

ジャンル・エリア : 動物 | 甲信越  2014年08月20日

シャッター音に気付いて警戒する母親。袋から赤ちゃんの顔がのぞいている=飯田市の市立動物園で

シャッター音に気付いて警戒する母親。袋から赤ちゃんの顔がのぞいている=飯田市の市立動物園で

 飯田市立動物園でパルマワラビーの赤ちゃんが誕生し、順調に成長している。普段は母親の袋の中にいるが、時折、顔や尻尾を袋からのぞかせ、来園者から「かわいい」という声が上がっている。雌雄はまだ不明。

 ワラビーの赤ちゃんは生まれた時の体重はわずか0.5グラムほど。とても小さく、ずっと母親が袋の中で子育てするため、生まれた正確な日が分かりづらい。今回は、赤ちゃんが袋から完全に外に出た、7月26日を誕生日とした。

 母親は、周囲に気を配りながら、大切に子育て中。担当飼育員の松本歩さんは、「夜行性のため、夕方の方が活動的。赤ちゃんは大きくなり、体のどこかが袋からのぞいているので、会いに来てね」と呼び掛けている。入園無料。

(石川才子)

旅コラム
国内
海外