【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】女性乗務員が山ガール姿に 県内運行のJRリゾート列車

【長野】女性乗務員が山ガール姿に 県内運行のJRリゾート列車

ジャンル・エリア : 甲信越 | 鉄道  2014年08月26日

山ガール風の服装で乗客を迎える乗務員(左)=長野市のJR長野駅で(JR東日本長野支社提供)

山ガール風の服装で乗客を迎える乗務員(左)=長野市のJR長野駅で(JR東日本長野支社提供)

 車窓を流れる山に登っている気分に-。JR東日本長野支社が県内で運行するリゾート列車で、登山ウエア姿の女性アテンダント(乗務員)が接客している。初秋の観光シーズンの来月末まで続ける。

 JR長野駅から北アルプスの玄関口、南小谷駅間(小谷村)を往復するリゾート列車「リゾートビューふるさと」(2両)で7月下旬から実施。アテンダントは登山好きの女性「山ガール」を意識して足元は登山靴、頭には帽子という登山スタイル。車内販売から車窓の解説、記念撮影のお手伝いまで乗客の旅をサポートする。

 2010年から運行しているリゾート列車は、車窓を流れる信州の雄大な自然を堪能してもらおうと展望デッキも整備されている。県が今年から7月の第4日曜日に制定した「信州山の日」に合わせ、車内からも山の気分を味わってほしいと今年初めて企画した。

 リゾート列車は全席指定で、篠ノ井線から大糸線へ入り、長野-南小谷間を1日1往復。運休日もあり、事前にリゾートビューふるさとの特設ホームページで確認する必要がある。

(酒井博章)

旅コラム
国内
海外