【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】秋を告げる「敦賀まつり」 気比神宮周辺で幕開け

【福井】秋を告げる「敦賀まつり」 気比神宮周辺で幕開け

ジャンル・エリア : まつり | 文化 | 福井  2014年09月03日

山車の上でおしとやかに舞踊を奉納する小学生の女の子=敦賀市の気比神宮大鳥居前で

山車の上でおしとやかに舞踊を奉納する小学生の女の子=敦賀市の気比神宮大鳥居前で

 敦賀市曙町の気比神宮の例大祭に合わせ、港町・敦賀に秋を告げる「敦賀まつり」が2日、同神宮周辺で開幕した。「宵宮」と呼ばれる山車(やま)の上で園児や小学生が日本舞踊などを奉納する「宵山巡行」が行われ、大勢の観客から拍手を浴びていた。

 「宵山巡行」は例大祭の前夜祭に当たり、踊り手の子ども10人は夏休みに稽古を積んできた。午後4時、宵宮は神楽町一丁目商店街から住民らに引かれ、太鼓や三味線などのおはやしに乗り、気比神宮大鳥居前へゆっくりと練った。大鳥居前では着物姿の小学生の女の子が袖をつかんだり、扇子を振ったりして優雅に日本舞踊を舞った。ほほ笑みながら堂々と舞った敦賀北小6年の小堀琴音さん(11)は「最初は緊張したけど、うまく踊れて楽しかった」と話した。

 敦賀まつりは、2~4、7日の4日間。3日は舞鶴若狭自動車道の全線開通を記念し、滋賀県彦根市の「ひこにゃん」など6府県のご当地キャラ20体が集まり、パレード。4日は山車6基が2年ぶりに集う山車巡行、7日は子ども向けの「お祭り広場」がある。

 (増井のぞみ)

旅コラム
国内
海外