【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】リンゴやブドウ、信州の味覚堪能 伊那の「農業公園」

【長野】リンゴやブドウ、信州の味覚堪能 伊那の「農業公園」

ジャンル・エリア : まちおこし | 果物 | 特産 | 甲信越  2014年09月17日

青空の下でブドウ狩りを楽しむ親子=伊那市で

青空の下でブドウ狩りを楽しむ親子=伊那市で

 伊那市西箕輪の「はびろ農業公園 みはらしファーム」が、ブドウ狩りやリンゴ狩りを楽しむ観光客でにぎわっている。週末を中心に、県内のほか東海地方などから大勢の人が、信州の味覚を堪能している。

 今年もリンゴ狩りが8月下旬から、ブドウ狩りが今月13日からスタート。リンゴは11月下旬、ブドウは10月下旬まで楽しめる見込みだ。

 ブドウは、みはらしぶどう生産組合に加盟する農家7軒が、約2ヘクタールで十数種類を栽培。14日、小池知志さん(74)方の農園では、県内外からの個人、団体客がたわわに実ったブドウを収穫していた。愛知県小牧市の団体は幼児から高齢者まで9人。「おいしいね」などと語り合い、よく色付いたブドウを次々にほおばっていた。

 小池さんは「みはらしファーム全体では、ブドウ狩りに来る人は年間約5000人。今年は名古屋市方面のツアーが多くなり、例年より増えそう」と話していた。

 ブドウ狩り料金は、3歳以上小学生未満が500円、小学生以上が1000円。リンゴ狩りは4歳以上が500円。

 問い合わせは、みはらしファーム観光農園受付事務所=電0265(74)1820=へ。

 (近藤隆尚)

旅コラム
国内
海外