【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】伊藤家の貴重史料を初公開 滋賀大で企画展

【滋賀】伊藤家の貴重史料を初公開 滋賀大で企画展

ジャンル・エリア : 歴史 | 近畿  2014年10月16日

伊藤家に伝わる史料が並ぶ会場=彦根市の滋賀大経済学部付属史料館で

伊藤家に伝わる史料が並ぶ会場=彦根市の滋賀大経済学部付属史料館で

 総合商社伊藤忠商事と丸紅を創業した伊藤家に伝わる史料を集めた企画展「伊藤忠兵衛家・長兵衛家同族事業経営の沿革-地商いから商社へ-」が、彦根市馬場の滋賀大経済学部付属史料館で開かれている。11月7日まで。入場無料。

 両商社は、豊郷町八目に生まれ育った初代伊藤忠兵衛(1842~1903年)が創業した。企画展では、滋賀大が分析、研究を進めている、同所の伊藤忠兵衛記念館で見つかった5万点と両社が保管する1万点の史料のうち、50点を並べた。

 展示史料は、1858(安政5)年の創業から戦後の過度経済力集中排除法適用を受けて1949(昭和24年)に4社分割するまでの商用帳簿や商業広告などで、ほとんどが初公開。創業家である伊藤忠兵衛家の史料が中心だが、本家の伊藤長兵衛家の事業に関わる店則や定款もそろえた。

 史料館の館長を務める、宇佐美英機・同大経済学部教授(近江商人経営論)は「近江商人のみならず戦前期の商社、貿易、商業史の研究に画期的、飛躍的な成果が期待される貴重な史料」と話す。

 午前9時半~午後4時半。土、日、祝日は休館だが、25日と11月1、2日は開館。10月25日午後1時半から、同大彦根キャンパス経済学部講堂で宇佐美館長らによる講演会もある。無料。(問)同史料館=0749(27)1046

 (曽田晋太郎)

旅コラム
国内
海外