【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】大織部展が3万人突破 高山の中西さん幸運

【岐阜】大織部展が3万人突破 高山の中西さん幸運

ジャンル・エリア : 岐阜 | 文化 | 歴史 | 芸術  2014年10月20日

来場3万人を記念して榎本徹館長(右)から図録を贈られた中西昌彦さん(中)、芳枝さん夫妻=多治見市の県現代陶芸美術館で

来場3万人を記念して榎本徹館長(右)から図録を贈られた中西昌彦さん(中)、芳枝さん夫妻=多治見市の県現代陶芸美術館で

 多治見市の県現代陶芸美術館で26日まで開かれている「大織部展」(中日新聞社などでつくる実行委主催)の入館者が19日、3万人を超えた。

 節目の来場者となったのは高山市の木工業中西昌彦さん(62)、芳枝さん(61)夫妻。「自身の物作りのヒントになるかもしれない」と訪れた。榎本徹館長(68)から記念品の図録が贈られた。

 これまでで最も来場者が多かった企画展は2005年の「エミール・ガレ展」で、3万9000人。榎本館長は「何とか記録を更新したい」と残る会期に期待する。

 大織部展は武将茶人古田織部の没後400年に合わせて企画。茶わんを中心に国宝、重要文化財含む160点が並ぶ。20日は休み。(問)美術館=0572(28)3100

 (中川耕平)

旅コラム
国内
海外