【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】三重大生が津の情報誌 11月、大学祭で販売

【三重】三重大生が津の情報誌 11月、大学祭で販売

ジャンル・エリア : まちおこし | 三重  2014年10月24日

三重大生が津市の魅力を取材してつくった情報誌「Loupeルーペ」=津市内で

三重大生が津市の魅力を取材してつくった情報誌「Loupeルーペ」=津市内で

 三重大の学生が津市の魅力を取材してまとめた情報誌「Loupeルーペ」が完成した。11月1、2日の大学祭で販売する。学生たちは「学生目線で見た津市の人や店を知ってもらえたら」と話している。

 誌名は、「虫眼鏡のルーペで文字を拡大して見るように、津市の魅力を発見して発信したい」との思いから、学生たちが付けた。市内のカフェやハンバーガー店、美術ギャラリーなど18カ所を学生たちが取材し、写真付きで紹介している。

 各店を記した手書きの地図を付け、三重大から自転車でかかる所要時間を記している。掲載店で使えるクーポンも付いている。

 制作したのは、人文学部と工学部の1~3年の19人。昨年度、市が呼び掛けて三重大生や市内の商店街店主らが街の活性化を話し合った中で、学生側から情報誌をつくる案が浮上。ことし4月から本格的に取り掛かった。取材のほか、内容やレイアウトを学生らが考え、市から委託を受けた市の出資団体「まちづくり津夢時風(つむじかぜ)」が制作した。A5判のカラー36ページで3000部を発行、制作費は100万円。

 代表で2年の佐藤真代さん(19)は「店主さんたちに心地よく取材に答えていただけるよう、コミュニケーションをうまく取ることに苦心した」と振り返る。副代表で2年の矢野杏奈さん(20)は「街の人とのつながりができたことが成果の1つ」と話す。

 今後も年1回の発行を目指す。1冊100円。学祭のほか、三重大生協や市内で11月3日に開かれる「高虎楽座」、同23日に津新町通り商店街である「新町フェスタ」でも販売する。(問)三重大地域戦略センター=059(231)9906

 (畑間香織)

旅コラム
国内
海外