【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】若手ら48人 作品集結 金沢・涌波の一軒家 ギャラリー誕生

【石川】若手ら48人 作品集結 金沢・涌波の一軒家 ギャラリー誕生

ジャンル・エリア : 工芸品 | 石川 | 芸術  2014年11月09日

さまざまな作家の作品を眺めて楽しむカップル=金沢市涌波で

さまざまな作家の作品を眺めて楽しむカップル=金沢市涌波で

 陶芸や漆芸、ガラス、絵画など北陸の作家48人の作品を常設するギャラリー「ワクナミトネリコ」が、金沢市涌波に誕生した。一軒家の落ち着く空間で作品をじっくり眺められ、器の使い心地も試せるカフェも。工芸に親しむ人を増やし、若手作家らの販路開拓を応援する。(押川恵理子)

 大勢の作家が暮らす北陸。作家活動だけで生計を立てられない若手も多いため、ここでは仲介料を取らず、作品の売り上げは全て作家の収入に。必要最低限の運営費を作家たちで分担している。

 常設展示は3室。青色がさえる呉須(ごす)の焼き物、植物などの繊細な絵付けが目を引く九谷焼、物語性に富んだガラスペン画などが並ぶ。

 カップルで訪れた金沢市の岡本竜平さん(23)は「普通の民家に入ったら、幅広い作品があって面白い」と楽しんでいた。

 展示のほか、金沢市内の料理人らが月替わりで担当するカフェも。17日はいろんなコーヒー豆の違いを楽しむ企画、21日はクリスマス向けの造花の教室もある。オーナーの細川伸子さん(58)は「作家を全国に発信したい。一点物の作品を自宅で使う楽しさも広められたら」と話す。

 営業は正午~午後5時、火・木曜休み。問い合わせはワクナミトネリコ=電080(4663)9348=へ。

旅コラム
国内
海外