【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】まゆクラフトでヒツジ 駒ケ根で工作体験人気

【長野】まゆクラフトでヒツジ 駒ケ根で工作体験人気

ジャンル・エリア : オブジェ | 甲信越  2014年11月26日

来年の干支にちなんだヒツジのまゆクラフト=駒ケ根市で

来年の干支にちなんだヒツジのまゆクラフト=駒ケ根市で

 来年の干支(えと)の未(ひつじ)にちなんで、カイコのまゆを使ったヒツジの工作が、駒ケ根市東伊那の駒ケ根シルクミュージアム体験工房で人気を呼んでいる。

 大きさは6センチ前後。まゆを大小1個ずつ組み合わせて頭と胴体を作り、綿棒で足、毛糸でモコモコした体にしている。

 開館以来の恒例行事で、正月の縁起物として子どもからお年寄りまで幅広い世代に好評。今月上旬に始めて既に320個が出ているという。

 クラフトを指導する宮沢福子さん(73)は「作り方は簡単。かわいらしいヒツジで、新しい年を迎えてはいかが」と工作を呼び掛けた。1つ400円と2つ800円の2種類。体験受け付けは午前9時半~午後3時で、毎週水曜休み。10人以上の団体は要予約。(問)同館=0265(82)8381

 (小沢伸介)

旅コラム
国内
海外