【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】晩秋の彦根、時代感じよう イベント多彩に

【滋賀】晩秋の彦根、時代感じよう イベント多彩に

ジャンル・エリア : まつり | 文化 | 歴史 | 近畿  2014年11月28日

昨年の甲冑祭開会式の様子=彦根市提供

昨年の甲冑祭開会式の様子=彦根市提供

◆29日・甲冑祭2014

 時代装束姿で晩秋の城下町を散策するイベント「ひこね甲冑(かっちゅう)祭2014」が29日午前10時~午後3時、彦根市の彦根城近くの中心市街地一帯で開かれる。参加無料。

 会場の四番町スクエア、夢京橋キャッスルロード、花しょうぶ通りの3商店街と旧彦根藩足軽組辻番所(つじばんしょ)に1カ所ずつ陣を設置。各陣で甲冑姿か和装の来場者に、彦根城への無料入場や3商店街の計29店舗で割引などの特典がある「甲冑手形」を発行する。時代姿でない来場者も当日、各陣で製作できる赤かぶとをかぶれば同手形がもらえる。

 午前10時からは、四番町スクエア内のステージで開会式があり、市の人気キャラ「ひこにゃん」が登場する。

 イベントでは、彦根城大手門橋上で65人が西軍、東軍に分かれて実施する綱引きや、路上で突然ダンスを踊り出す「ひこねフラッシュモブ」も午前と午後に1回ずつ、スクエア内である。いずれも当日参加は不可。(問)実行委事務局=0749(27)7755

◆30日・城フェス最終日

流鏑馬を披露する倭式騎馬会のメンバー=倭式騎馬会提供

流鏑馬を披露する倭式騎馬会のメンバー=倭式騎馬会提供

 10月から開催中の観光行事「彦根城フェス」最終日の30日、彦根市の彦根城内で武者行列や流鏑馬(やぶさめ)などのフィナーレイベントが開かれる。午後0時半~4時。入場無料。

 武者行列は、時代衣装姿で騎乗したフェス実行委役員4人をはじめ、甲冑(かっちゅう)姿の彦根鉄砲隊メンバーら50人が参加。市の人気キャラ「ひこにゃん」と、市の親善都市の栃木県佐野市から「さのまる」も登場する。一行は午後1時に県護国神社を出発、大手前保存用地まで約500メートルを練る。

 メーンの「彦根城流鏑馬」は同用地で午後2~3時に開催。佐野市の夏祭りで実演している倭式騎馬会(東京)の11人が、馬上から矢を放つ。

 イベントでは、彦根市弓道連盟と彦根鉄砲隊の演武もある。フェス閉会式後は、用地内で乗馬体験もできる(参加料1人500円)。(問)実行委事務局=0749(30)6120

 (曽田晋太郎)

旅コラム
国内
海外