【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】射水神社 合格への鳥居

【富山】射水神社 合格への鳥居

ジャンル・エリア : 富山 | 文化  2015年01月06日

伊勢神宮から譲り受け、参道に展示されている鳥居(奥)

伊勢神宮から譲り受け、参道に展示されている鳥居(奥)

伊勢から移設 学生に人気

 高岡市古城の射水神社が、昨年11月に三重県の伊勢神宮から譲り受け、展示している鳥居が受験や就職活動中の学生に人気を集めている。鳥居の「笠木」の部分が五角柱で「合格」との語呂合わせや、桜が咲く4月5日に拝殿前に建てられるため「合格への門」になると口コミで広がったよう。さてご利益は・・・。(高島碧)

 射水神社には、戦前は現在と同じ神社入り口のほか、拝殿前にも鳥居があった。今年迎える鎮座1340年、遷座140年記念の式年大祭に合わせ、拝殿前鳥居を再建する予定。2013年の式年遷宮で伊勢神宮の外宮にあった鳥居を譲り受けた。鳥居はヒノキ製で、高さ4.8メートル、幅3.8メートル。再建を前に、元旦から参道で展示を始めた。今年は初詣客らが足を止め、写真を撮る姿が数多く見られた。三が日は荒天で県内の各神社の参拝客が前年を下回ったが、射水神社は16万人と1万人増えた。

学生に人気を集めている五角の鳥居の断面=いずれも高岡市古城で

学生に人気を集めている五角の鳥居の断面=いずれも高岡市古城で

 同神社は五角柱の鳥居の人気について「神社が広報しているわけではないので、口コミで広がったのだろう」と推測。合格絵馬を求める人も例年の2倍に増えたという。神社は「桜の咲くころ、笑顔でお礼参りにきてほしい」と話している。

 鳥居は14日まで展示する。

旅コラム
国内
海外