【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ダイオウイカ 特大するめ 国内初 新湊にお目見え

【富山】ダイオウイカ 特大するめ 国内初 新湊にお目見え

ジャンル・エリア : 動物 | 富山  2015年01月09日

ダイオウイカの巨大するめを携帯電話で撮影する観光客ら=射水市海王町の新湊きっときと市場で

ダイオウイカの巨大するめを携帯電話で撮影する観光客ら=射水市海王町の新湊きっときと市場で

 昨年11月に新湊沖合で捕獲されたダイオウイカの巨大するめが8日、射水市海王町の新湊きっときと市場内にお目見えした。ダイオウイカをするめにするのは、国内初の試みという。今月末まで展示し、観光客に楽しんでもらう。(青木孝行)

 新湊漁港(同市八幡町)に生きたまま運び込まれ、新鮮だったため、譲り受けた水産加工会社「浜常食品工業」(同市七美)の浜力男(りきお)社長(70)が、するめにすることを思い付いた。

 胴体をさいて約30キロの内臓を除去。塩を胴体にまぶしながら、たわしで丁寧に皮をはいだ。10~30度の温度で徐々に乾燥させ、約2週間で仕上げたという。全長6.3メートルだったイカは、3メートルまで縮んだが、成人男性の身長よりはるかに大きい。

 浜社長は「きれいな色に仕上がった。観光客にダイオウイカの大きさを実感してほしい」と話す。訪れた静岡県掛川市の無職両角一夫さん(70)は「迫力がある」と驚き、富山市五福の会社員横田浩貴さん(38)は「自分の身長の約2倍。足がおいしそうで食べてみたい」と話した。展示後は、衛生検査をし、2月中にも浜社長らが試食会を開く予定。

旅コラム
国内
海外