【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】全国のたこ、鮮やか 珍しい45枚を一宮で展示

【愛知】全国のたこ、鮮やか 珍しい45枚を一宮で展示

ジャンル・エリア : 愛知 | 文化  2015年01月27日

昔ながらの鮮やかな絵が描かれたたこ=一宮市光明寺で

昔ながらの鮮やかな絵が描かれたたこ=一宮市光明寺で

 全国各地に伝わる珍しいたこを集めた展示会が、一宮市光明寺の138タワーパークで開かれている。「日本の凧(たこ)の会 尾張一宮支部」の協力でツインアーチ138の1階と展望階にたこ45枚を並べた。2月15日まで。

 越後六角会(新潟県)が作った縦4.5メートル、横3.2メートルの巨大なたこは戦国武将の直江兼続の顔が勇ましい。タイの工芸品のたこやゆるキャラのたこなども展示している。

 展望階の観覧は大人500円、子ども200円の入場料が必要。最終日の2月15日は和たこ作り教室や連だこあげに挑戦できる「凧あげ祭り」が開かれる。(問)138タワーパーク=0586(51)7105

(梶山佑)

旅コラム
国内
海外