【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】原酒に舌鼓「幸せ」 4社リレー 輪島の酒蔵見学会

【石川】原酒に舌鼓「幸せ」 4社リレー 輪島の酒蔵見学会

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 石川  2015年01月21日

清水亘社長(左)の説明に耳を傾ける参加者=輪島市河井町で

清水亘社長(左)の説明に耳を傾ける参加者=輪島市河井町で

杜氏が工程を説明、実演

 酒の仕込みが最盛期を迎える大寒の20日、輪島市のまちなかにある造り酒屋で、製造工程を説明し、仕込み蔵を公開する酒蔵見学会が始まった。「能登誉」の銘柄で知られる清水酒造店(河井町)を皮切りに、4社が1週間ずつリレーする。(松瀬晴行)

 初日は観光客や観光案内ボランティア「輪島あかり人」のメンバーら20人余りが参加。社長兼杜氏(とうじ)の清水亘さん(53)が、日本酒ができるまでの流れを解説後、蔵に案内した。

 仕込みタンク内のもろみを櫂(かい)と呼ばれる棒でかき混ぜる作業を実演。もろみを圧搾ろ過し、酒と酒かすに分ける「槽場(ふなば)」、精米後の白米を洗って蒸し上げる「釜場(かまば)」も見学した。

 しぼりたての原酒の試飲もあり、同市大沢町の車田米雄さん(77)は「甘さと辛さが調和し、口当たりがよくてキレもある。あー幸せ」と満足そうだった。

 見学会は三十数年前、観光客が少なくなる冬季の誘客の目玉にしようと、市や市観光協会の呼び掛けに、市街地にあった当時の酒蔵5社が協力して始まった。見学希望者は電話予約が必要。

見学会の日程

 ▽26日まで 清水酒造店=電0768(22)5858▽27日~2月2日 日吉酒造店(河井町)=同(22)0130▽3~9日 白藤酒造店(鳳至町)=同(22)2115▽10~16日 中島酒造店(鳳至町)=同(22)0018

旅コラム
国内
海外