【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】農園カフェ 大きく育て 6次産業化で注目 砺波に新装

【富山】農園カフェ 大きく育て 6次産業化で注目 砺波に新装

ジャンル・エリア : グルメ | 富山  2015年01月27日

新装開店するカフェであいさつする林美佐雄さんと絹江さん夫妻(中央)=砺波市高波で

新装開店するカフェであいさつする林美佐雄さんと絹江さん夫妻(中央)=砺波市高波で

 自社の田畑で収穫した作物を加工、調理して提供している砺波市高波の「農園カフェ農工房長者」が29日に新装開店する。6次産業化を進める農業経営体としてカフェが注目される中、社長の林美佐雄さん(62)は26日にあった披露式で「食を通じて農業の大切さを消費者に訴えたい」と決意を語った。(堀場達)

 林さんは米、大豆、サトイモを有機農法で手掛け、桃とブルーベリーを栽培。2010年にカフェを開き、もちや団子、桃パフェなどを扱ってきた。店が手狭になったため、築140年の自宅を改築し、店舗面積を広げることにした。

 20席から60席に増やすとともにメニューを拡充。昼時に地元野菜や豆乳料理を中心としたランチを850円程度で用意するほか、ブルーベリー、桃、豆乳スイーツの開発も。ランチのご飯はお代わり無料。「減農薬米のおいしさを知ってもらいたい」という。

 農工房長者は、カフェ開店と同じ10年に株式会社化。農林水産業者(1次)が加工(2次)、販売・サービス(3次)に取り組み、11年には県が多角経営へ乗り出す6次産業化のモデル事業に認定した。

 披露式で林さんは「欧米では農家が食品業界をリードしている。日本の先駆けになれれば」とあいさつ。県砺波農林振興センターの荒屋健治所長は「ニーズを先取り、着実に商品開発を積み重ねた結果が今日につながった。古民家を改装した店の雰囲気もよく、地域の中心になってほしい」とエールを送った。新装したカフェでは妻絹江さん(51)、次男雄一さん(25)、女性スタッフ3人が働く。営業は午前11時~午後5時。月曜と第4日曜が定休日。問い合わせは同社=電0763(32)6862=へ。

旅コラム
国内
海外