【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】早春 華やか競演

【富山】早春 華やか競演

ジャンル・エリア : 富山 |   2015年02月13日

 砺波市の県花総合センター(高道)とチューリップ四季彩館(中村)は、季節の変わり目に合わせ、それぞれ展示の装いを新たにした。テーマは「早春」。14日のバレンタインデーに向けた企画も準備した。(堀場達)

ハート形の花壇 県花総合センター

ハート形に花壇を整える職員=砺波市高道で

ハート形に花壇を整える職員=砺波市高道で

 センターは13~15日に「早春を彩る花まつり2015『バレンタイン』」を開く。促成栽培で花を咲かせた100品種140鉢のスイセン、ハート形のさまざまな造形が楽しめる。

 造形は、花壇、オブジェ、記念撮影用のフレーム、植物を一定の形に栽培する「トピアリー」など。フレームはミツマタでつくり、チューリップで飾る。ガーベラやチューリップはじめ「愛にまつわる花言葉」の紹介も。

 会場では、とやま鉢花生産組合青年部がプリムラ、アリッサなどを販売し、14日と15日はフラワーアレンジメントの体験コーナー(材料費1000円)を設ける。入場無料。

ピンクを基調に 四季彩館

ピンクを主体に4000株の花が咲き誇る展示=砺波市中村で

ピンクを主体に4000株の花が咲き誇る展示=砺波市中村で

 四季彩館は、万華鏡を通して観覧できるテラス展示を、年始の「新春」から模様替え。プリムラ、ラナンキュラスなど35品種4000株を植栽している。

 今回展示されているのは、ピンクを主体とした花々。チューリップも新春の時季と比べ、花の色が濃いめの品種を選び、春到来を感じさせる華やかさを演出した。

 14日には先着100人にチューリップの切り花を贈る。

 常設展観覧料は高校生以上300円など。館内の喫茶店でコーヒー、ソフトクリームを注文した場合、最大で100円割引きとなるセット券販売も始めた。今回のテラス展示は3月24日まで。

旅コラム
国内
海外