【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】ペルシャのラスター彩を紹介 加藤幸兵衛さん個展

【岐阜】ペルシャのラスター彩を紹介 加藤幸兵衛さん個展

ジャンル・エリア : 岐阜 | 芸術  2015年02月19日

鮮やかな玉虫色と青色で彩った陶壁を紹介する加藤幸兵衛さん=岐阜市日ノ出町の岐阜高島屋で

鮮やかな玉虫色と青色で彩った陶壁を紹介する加藤幸兵衛さん=岐阜市日ノ出町の岐阜高島屋で

 多治見市の陶芸家の七代加藤幸兵衛さん(69)の個展「甦(よみがえ)るラスター彩」が18日、岐阜市日ノ出町の岐阜高島屋で始まった。23日まで。県内で2年ぶりの近作発表会。古代ペルシャの玉虫色を再現したラスター彩の陶壁など200点を展示している。

 陶壁は高さ1.5メートル。1本の桑の木から広がる天と地が表現されている。鮮やかな青で作品の左右と下が縁取られ、中東の異国情緒が伝わる。

 制作のきっかけは、一昨年にイランを訪れたこと。人間国宝だった父の故加藤卓男さんが復元したラスター彩の「里帰り展」をイラン国立博物館で開いた際、現地の建造物に刺激を受けたという。

 「イランで自分の土壌が豊かになった」と加藤さん。「シルクロードの香りを感じてもらえれば」と話していた。

 (督あかり)

旅コラム
国内
海外