【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】5両 リアル追求 富山国際会議場 “人乗せ走る”模型

【富山】5両 リアル追求 富山国際会議場 “人乗せ走る”模型

ジャンル・エリア : 富山 | 鉄道  2015年02月19日

富山国際会議場1階に登場した北陸新幹線の新型車両W7系の模型。会議場の外から模型を眺める人も=富山市で

富山国際会議場1階に登場した北陸新幹線の新型車両W7系の模型。会議場の外から模型を眺める人も=富山市で

 北陸新幹線の新型車両W7系を再現した模型が、富山市の富山国際会議場1階にお目見えした。大きさは実物の10分の1。W7系のエンブレムを付けることが許可されている唯一の模型といい、来館者の注目を集めている。(伊勢村優樹)

 小矢部市の運送会社「大和トランスポート」に勤める鉄道愛好家10人が、JR西日本の協力を得て約10カ月かけて製作。5両編成で、全長は約11.5メートル、幅0.32メートル、高さ0.4メートル。会議場では展示のみだが、車体には1両あたり6人まで乗ることができ、最高時速約30キロで走行する。

 展示は27日まで。企画した富山市交通政策課の担当者は「会議場の外からも見えるように置いた。たくさんの人に見てもらい、開業の機運がさらに高まったら」と、来館を呼び掛けている。

旅コラム
国内
海外