【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】セールや写真展で感謝 大須商店街連盟が「還暦祭」

【愛知】セールや写真展で感謝 大須商店街連盟が「還暦祭」

ジャンル・エリア : まつり | 愛知  2015年02月23日

赤いちょうちんの形をした「大須めがね」をかけて商店街の古い写真を見る人たち=名古屋市中区で

赤いちょうちんの形をした「大須めがね」をかけて商店街の古い写真を見る人たち=名古屋市中区で

 発足60周年を迎えた名古屋市中区大須の大須商店街連盟が3月1日まで、感謝セールや写真展などを通して節目を祝う「還暦祭」を開いている。22日も大勢の人でにぎわった。

 大須商店街連盟は9つの振興組合で構成され、1955(昭和30)年に発足。これまで大須を訪れた人たちに感謝の気持ちと今年の発展の決意を示そうと企画した。感謝セールには約100店が参加している。

 商店街の各通りには、赤を基調にした計270本ののぼり旗を立て、アーケードの天井に装飾を施し、雰囲気を盛り上げた。人気は大須のシンボルの赤ちょうちんをかたどった紙製の「大須めがね」。6000個用意し、無料で配っているが、「記念に」と手に取る人が後を絶たなかった。

 東仁王門通の写真展では、55年前後の商店街の様子や店の案内図などを紹介。広報担当の石原基次さん(61)は「この60年、よい時も悪い時もあったが、今では多くの人が訪れるようになった。これからも頑張っていきたい」と話している。

(梅田歳晴)

旅コラム
国内
海外