【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】おかえり、如是姫像 14日から一般公開

【長野】おかえり、如是姫像 14日から一般公開

ジャンル・エリア : オブジェ | 甲信越  2015年03月04日

クレーンでつり上げられ、台座に戻された如是姫像=長野市のJR長野駅前で

クレーンでつり上げられ、台座に戻された如是姫像=長野市のJR長野駅前で

 北陸新幹線の金沢延伸に伴うJR長野駅前の再整備のため、善光寺に預けられていた「如是姫像(にょぜひめぞう)」が3日、約2年4カ月ぶりに駅前広場に戻った。像は14日の法要後、一般公開される。

 1908年、善光寺の信者たちの寄進で境内に建立され、36年、長野駅が仏閣型の駅舎に改築されたのを機に駅前に移設。ブロンズ製で戦時中は供出されたが、48年に再建され、長く駅前のシンボルとなっていた。

 市民らが見守る中、クレーンで高さ数メートルまでつり上げられた後、数人の作業員が支えながら台座に下ろされた。市内の谷口幹男さん(66)は「駅前にないと寂しかった。新幹線で来る人たちのおもてなしの準備が整った感じだ」と語った。

 市によると、像の台座は以前より約2メートル低くして観光客が記念撮影しやすいよう配慮し、夜間はライトアップする。市都市計画課の轟邦明課長は「ようやくここまで来た。新幹線の延伸開業日までに、工事を間に合わせたい」と話した。

 (酒井博章)

旅コラム
国内
海外