【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】若者も名古屋空襲知って ピースあいちが企画展

【愛知】若者も名古屋空襲知って ピースあいちが企画展

ジャンル・エリア : 愛知 | 歴史  2015年03月06日

空襲の被害や特徴を説明したパネル展示=名古屋市名東区よもぎ台2で

空襲の被害や特徴を説明したパネル展示=名古屋市名東区よもぎ台2で

 名古屋の人たちの生活を破壊した第二次世界大戦末期の米軍による空襲被害をパネルや資料で示す企画展「名古屋大空襲から70年」が28日まで、名東区よもぎ台2の「戦争と平和の資料館ピースあいち」で開かれている。展示を通して、戦争を知らない世代に空襲被害を知ってもらう狙い。

 名古屋では1944(昭和19)年12月13日の米軍の爆撃機B29が東区の工場を爆撃したのを皮切りに、45年の終戦まで軍需工場への爆弾投下と市街地への焼夷(しょうい)弾投下が繰り返され、市民の暮らしが焼き払われた。

 展示では「名古屋の軍需工場への爆撃」「名古屋市街地への大規模な爆撃」「中小都市/軍需工場爆撃」の3期に分けて解説。期ごとに、被害の特徴や体験者の証言談、手記の抜粋をパネルにまとめた。40点余りのパネルのほか、関連した書籍や資料も置いた。

 当時、東邦商業学校(現東邦高校)5年生だった吉野常雄さんの手記は、44年12月13日の空襲で屋根やガラスが乱れ飛び、逃げる人たちで混乱した様子を「まさにこの世の地獄絵図」と表現してある。

 身近にある空襲の爪痕を紹介するコーナーもある。45年6月9日の熱田空襲で、コンクリートに刻まれた爆弾の跡が生々しい「被爆堤防」をはじめ、今でも被害を見て取れる市内の各所を写真入りで紹介。そのほか、母親の空襲体験を基に漫画を描いている漫画家おざわゆきさんの複製原画展も開催されている。

 ピースあいちの担当者は「70年前の空襲被害を、若い人たちにこそ知ってもらいたい。日本人の被害だけではなく、日本人が他国の人たちに与えた加害にも思いを巡らせてほしい」と来場を呼び掛けている。

 「新修名古屋市史」には、空襲による市内の焼失面積は38.6平方キロメートル、被災家屋は13万5000戸以上、死者7802人、負傷者9911人と記録されているが、本当に正確な犠牲者数は分かっていない。

 14日午後5時からは「犠牲者追悼の夕べ」が開かれる予定で、空襲体験者の手記の朗読、ピースあいち平和地蔵の前で空襲犠牲者の供養をする「ともし火法要」がある。入館料は大人300円、小中高生100円。日、月曜休館。

 (梅田歳晴)

旅コラム
国内
海外