【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】五箇山イメージ ラッピングバス 富大生・山本さん提案作品 きょうから運行

【富山】五箇山イメージ ラッピングバス 富大生・山本さん提案作品 きょうから運行

ジャンル・エリア : まちおこし | 富山  2015年03月10日

10日から運行する五箇山をイメージした世界遺産バスとデザインを担当した山本美智さん(左)と武山良三学部長=高岡市江尻で

10日から運行する五箇山をイメージした世界遺産バスとデザインを担当した山本美智さん(左)と武山良三学部長=高岡市江尻で

 世界遺産の五箇山(南砺市)をイメージしたデザインを車体に施したラッピングバスが9日、高岡市江尻の加越能バスでお披露目された。同市と五箇山や白川郷(岐阜県白川村)を結ぶ「世界遺産バス」で10日から運行する。(佐久間光紀)

 ラッピングバスは、五箇山・白川郷の世界遺産登録20周年と北陸新幹線開業の記念企画。使用する車両3台のうち頻度が高い2台に施した。費用は1台あたり約300万円で、県が負担している。

 デザインは、高岡市内にキャンパスがある富山大芸術文化学部の学生がコンペ形式で提案。約30点の作品の中から4年生の山本美智さん(24)の作品が選ばれた。

 デザインのテーマは「ごかやまかご」。高岡銅器をイメージした薄い茶色と山里の緑色を基調に特産品のカイコのまゆのかごを描いている。山本さんは「工芸品のようなイメージに仕上がった。県外の友人が遊びに来た際に一緒に乗りたい」と喜んだ。

 指導した武山良三学部長は「乗車前はわくわく感を抱かせ、走行中は周囲の風景に溶け込むデザイン。乗車後は記念写真を撮りたいと思わせてくれる」と評価した。

 世界遺産バスは、高岡駅や新高岡駅から五箇山経由で白川郷まで2時間10分で運行している。料金は高岡から白川郷までのフリーきっぷが3500円。これまで1日4往復だったが、10日からは5往復に増便する。

旅コラム
国内
海外