【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】ザゼンソウ続々と 阿智

【長野】ザゼンソウ続々と 阿智

ジャンル・エリア : まつり | 甲信越 |   2015年03月17日

続々と顔を出しているザゼンソウ=阿智村伍和で

続々と顔を出しているザゼンソウ=阿智村伍和で

 阿智村伍和原の平の湿地帯で、このところの暖かさに誘われるようにザゼンソウがあちこちで顔を出している。21、22の両日、地域住民でつくる原の平活性化委員会主催の「座禅草まつり」が午前10時~午後3時に開かれる。

 この湿地帯では古くからザゼンソウが自生し、地域住民らは遊歩道として木道を整備。カメラマンなどがむやみに入り込まないよう保護活動にも取り組み、見頃を迎える3月下旬にイベントを開いている。まつりでは、豚汁や甘酒サービスでもてなすほか、地域農産物や農産加工品販売などもある。

 ザゼンソウはサトイモ科の多年草。小さなつぶつぶが固まったような花の部分が仏炎包(ぶつえんほう)に包まれている姿が僧侶の座禅姿に見えることから、この名がある。原の平では仏炎包が緑色のザゼンソウも自生している。(問)昼神温泉ガイドセンター=0265(43)3001

旅コラム
国内
海外