【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】多様な風呂満喫を 熊野・湯ノ口温泉に新施設

【三重】多様な風呂満喫を 熊野・湯ノ口温泉に新施設

ジャンル・エリア : 三重  2015年03月23日

露天風呂では立湯や寝湯などさまざまな入浴が楽しめる=熊野市紀和町湯ノ口で

露天風呂では立湯や寝湯などさまざまな入浴が楽しめる=熊野市紀和町湯ノ口で

 源泉掛け流しの秘湯として知られる熊野市紀和町の湯ノ口温泉が26日午後1時半から新装オープンする。地元関係者や報道陣への内覧会があり、熊野杉をふんだんに使った建物や露天風呂などが披露された。

 湯ノ口温泉は市ふるさと振興公社が運営。旧施設は1982(昭和57)年にオープンしたが、新施設建設に伴い2月28日から休館していた。新施設は旧施設隣に昨年3月に着工、今月10日に完成した。木造平屋延べ床面積611平方メートル。総事業費は3億8700万円。内湯や露天風呂、家族向けの貸し切り風呂があり、浴槽の面積は計92平方メートル。これまでと比べ2.5倍の広さとなった。

 露天風呂には深さ92センチの立湯(たちゆ)、寝そべることができる寝湯(ねゆ)、半身浴湯などがあり、さまざまな入浴が楽しめる。源泉の湯量は毎分1200リットルと豊富で、湯温は45.7度。施設周辺には長期滞在の湯治客向けに自炊や宿泊のできるコテージやバンガローなども完備している。

 入浴料は大人540円、小学生以下270円、貸し切り風呂1080円(60分、入浴料別)。新装オープンを記念し4月5日まで期間限定でお得な入浴回数券を販売。1冊13枚の回数券を3冊セット1万3000円(通常1万6200円)で売り出している。(問)同温泉=0597(97)1126

(福永保典)

旅コラム
国内
海外