【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】飯田に春草生誕地公園 大観の書で開園祝う

【長野】飯田に春草生誕地公園 大観の書で開園祝う

ジャンル・エリア : 文化 | 歴史 | 甲信越  2015年03月30日

横山大観の書によるモニュメントと記念撮影する笹本さん(右から2人目)=飯田市仲ノ町で

横山大観の書によるモニュメントと記念撮影する笹本さん(右から2人目)=飯田市仲ノ町で

 飯田市仲ノ町出身の日本画家、菱田春草(1874~1911年)の生家跡に29日、「菱田春草生誕地公園」が開園した。記念式典が開かれ、関係者らが横山大観の書によるモニュメント「菱田春草誕生之地」を除幕し、開園を祝った。

 生家跡は、これまでは主に駐車場として使われ、看板が生誕地を示していた。没後100年を翌年に控えた2010年、地元で公園化を望む運動がスタート。整備を願う市民の会が発足し、寄付金は2000万円を超えた。

 公園は広さ約1040平方メートル。武家屋敷風の塀で当時の趣を醸しだし、春草が描いた植物を植えるなど春草の世界に触れる工夫がしてある。市民の会の柴田忠昭会長は式典で「多くの人が交流する場になれば」とあいさつした。式典には春草の孫にあたる笹本千草さんも出席。作品でおなじみのカシワやヤツデが植えられた公園を見渡し、「市民のみなさんの尽力が何よりうれしく感謝のひと言です」と感慨深げだった。

 (石川才子)

旅コラム
国内
海外