【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】高遠藩主の参勤交代紹介 伊那で特別展

【長野】高遠藩主の参勤交代紹介 伊那で特別展

ジャンル・エリア : 歴史 | 甲信越  2015年04月02日

家老が使ったかごなどが並ぶ「高遠藩内藤家の参勤交代」展=伊那市の高遠町歴史博物館で

家老が使ったかごなどが並ぶ「高遠藩内藤家の参勤交代」展=伊那市の高遠町歴史博物館で

 江戸時代に高遠藩主を務めた内藤家の参勤交代関連の史料を集めた特別展「高遠藩内藤家の参勤交代」が、伊那市の高遠町歴史博物館で始まった。行列絵巻など貴重な史料80点近くを展示している。6月21日まで。

 参勤交代は、藩主を江戸に出仕させる江戸幕府の制度。特別展では、1691(元禄4)年から幕末まで8代にわたり高遠藩主を務めた内藤家が、参勤交代で使った道具や文書を集めた。

 家老が移動に使ったかごや本陣で使われた漆塗りの食器などは、当時の行列や宿泊の様子をしのばせる。内藤頼卿(よりのり)が初めて高遠に入った際の行列絵巻は、長さ24メートル余り。展示会場では実物の一部と、絵巻全体の写真が見られる。行列の端の方で、馬が興奮したのか両前脚を上げている様子なども描かれている。

 行程の途中にある名所を図や文字で記した道中記、本陣での食事の内容を記した帳面も興味深い。パネルでは、各藩主が高遠、江戸を往復した回数やルートを解説している。

 入館料は一般400円、小中学生200円。

 (問)高遠町歴史博物館=0265(94)4444

 (近藤隆尚)

旅コラム
国内
海外